アトピーの改善について

Permalink

アトピーとは、主にアトピー性皮膚炎を指し、アレルギー反応に関係する皮膚炎ですアトピー性湿疹と呼ぶ方が適切です。かゆみの強い慢性の湿疹です。多くの場合、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、または結膜炎といった症状を生じやすい体質をもつ人に生じます。多くは小児期に発症し、成人後症状が軽くなることが多いですが、まれに再発や重症化することもあります。

アトピー性皮膚炎の原因の多くは、ダニや食べ物などの成分がアレルギーの原因物質となり、それらに対する免疫抗体がつくられて、アレルギー性皮膚炎を発症します。小児期では、食物性タンパク質が原因として多くみられます。その他として、ペットのフケや毛、体内や皮膚のカビなどの成分も原因となります。また、アトピー性皮膚炎によって、皮膚の保護機能が低下し、乾燥や汗などの環境に対する刺激に対して皮膚が弱くなり、炎症を起こしやすい状態になります。皮膚が炎症を起こすと、皮膚の表面に細菌が増殖し、さらに症状悪化の原因になります。

主な治療方法としては、皮膚の乾燥を抑制する目的で使用するワセリンや尿素などを含んだ保湿剤を用いて炎症を抑えます。免疫抑制薬の軟膏タクロリムスも処方される場合がありますが、刺激や別の感染症にかかるなどの副作用に気を付ける必要があります。内服薬は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が用いられます。抗炎症作用のある漢方薬が処方される場合もあります。皮膚が乾燥すると強いかゆみを生じる場合があり、冬季などの空気が乾燥する時期は、特に皮膚の保湿を保つように注意が必要です。

【参照サイト】https://www.hadajuntou.com/
アトピーケア化粧品を販売しているみんなの肌潤糖です。