ステロイドの副作用

Permalink

アトピー性皮膚炎の治療にステロイドが用いられるケースがありますが、症状の抑制に高い効果が期待できるので、大量に使いたくなりますが、ステロイドには副作用や毒性があるので用法容量を守らなければなりません。

ステロイドは本来体中で作られるホルモンですが、長期間使い続けると、副腎がステロイドを自ら生成する働きが弱くなり、アレルギー反応がより過敏になります。また、アレルギー反応抑制のために免疫機能を弱めるため、感染症やヘルペスなどを発症しやすいといった副作用もあります。

さらに、ステロイドの様な強い薬を長期間使い続けると、皮膚細胞の増殖が抑制されて皮膚が薄くなり、毛細血管が肥大して透けて見えるなどの症状も出る場合があります。皮膚科に定期的に通って肌のコンディション診断してもらい、自身の症状に応じた薬を処方してもらいましょう。弱いステロイド剤であれば副作用はほとんど発生しませんし、強いものでも数週間以内であれば副作用は起きづらいです。医師の指示にきちっと従いながら治療することが大切です。

症状がひどい場合はステロイドを適切に利用することで、早く症状を抑えることができます。薬の強さ、使う頻度を徐々に抑えていき、皮膚のケアをすることで薬なしで安定した皮膚にすることができれば問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です