アトピー治療の注意点

Permalink

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドが効果的と言われていますが、副作用などのイメージが先行して使いたくない方もいると言います。医師の診断と処方薬は症状に応じた最適な治療方法なので、先入観でステロイドを避けずに処方された薬で治療するようにします。

ステロイドは、アトピー性皮膚炎の炎症やかゆみをすぐに鎮める効果があります。人間の体内には、アレルギー反応を鎮める効果がある副腎皮質ホルモンがあり、ステロイドに配合されている成分が、このホルモンと同じ構造を持っているため、アトピーの症状を落ち抑えることが出来ます。ステロイドという名称は、ステロイド環という特徴的な構造を持つ物質の総称で、ステロイドと言われると薬をイメージしますが、化学的には副腎皮質ホルモンもステロイド薬の成分も、どちらもステロイドです。

ステロイドには、皮膚に起こる赤み、熱、むくみ、痛みに対する抗炎症作用と、免疫機能の異常によるアレルギー反応を抑制させる免疫抑制作用があります。ステロイドはアトピーを治療する薬ではなく、アトピーで起きた皮膚の炎症を抑制する薬です。つまりステロイドによって根本原因の治療をするわけではないため、ステロイドで症状を鎮静化させて、肌を改善していくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です