アトピーの改善について

ステロイドの副作用

Permalink

アトピー性皮膚炎の治療にステロイドが用いられるケースがありますが、症状の抑制に高い効果が期待できるので、大量に使いたくなりますが、ステロイドには副作用や毒性があるので用法容量を守らなければなりません。

ステロイドは本来体中で作られるホルモンですが、長期間使い続けると、副腎がステロイドを自ら生成する働きが弱くなり、アレルギー反応がより過敏になります。また、アレルギー反応抑制のために免疫機能を弱めるため、感染症やヘルペスなどを発症しやすいといった副作用もあります。

さらに、ステロイドの様な強い薬を長期間使い続けると、皮膚細胞の増殖が抑制されて皮膚が薄くなり、毛細血管が肥大して透けて見えるなどの症状も出る場合があります。皮膚科に定期的に通って肌のコンディション診断してもらい、自身の症状に応じた薬を処方してもらいましょう。弱いステロイド剤であれば副作用はほとんど発生しませんし、強いものでも数週間以内であれば副作用は起きづらいです。医師の指示にきちっと従いながら治療することが大切です。

症状がひどい場合はステロイドを適切に利用することで、早く症状を抑えることができます。薬の強さ、使う頻度を徐々に抑えていき、皮膚のケアをすることで薬なしで安定した皮膚にすることができれば問題ありません。

アトピー治療の注意点

Permalink

アトピー性皮膚炎の治療にはステロイドが効果的と言われていますが、副作用などのイメージが先行して使いたくない方もいると言います。医師の診断と処方薬は症状に応じた最適な治療方法なので、先入観でステロイドを避けずに処方された薬で治療するようにします。

ステロイドは、アトピー性皮膚炎の炎症やかゆみをすぐに鎮める効果があります。人間の体内には、アレルギー反応を鎮める効果がある副腎皮質ホルモンがあり、ステロイドに配合されている成分が、このホルモンと同じ構造を持っているため、アトピーの症状を落ち抑えることが出来ます。ステロイドという名称は、ステロイド環という特徴的な構造を持つ物質の総称で、ステロイドと言われると薬をイメージしますが、化学的には副腎皮質ホルモンもステロイド薬の成分も、どちらもステロイドです。

ステロイドには、皮膚に起こる赤み、熱、むくみ、痛みに対する抗炎症作用と、免疫機能の異常によるアレルギー反応を抑制させる免疫抑制作用があります。ステロイドはアトピーを治療する薬ではなく、アトピーで起きた皮膚の炎症を抑制する薬です。つまりステロイドによって根本原因の治療をするわけではないため、ステロイドで症状を鎮静化させて、肌を改善していくことが大切です。

アトピーの症状について

Permalink

保湿クリームアトピーの主な症状は、極度の皮膚乾燥やそれに伴う皮膚のかゆみを想像されると思いますが、症状の進行状況に伴って様々な症状が表れます。初期症状としては、お風呂から出た後、保湿クリームを塗っても肌の乾燥が抑えらず、塗るのを忘れてしまうと激しい痒みに襲われます。保湿クリームを塗ってもすぐ乾燥してしまうのはアトピーの代表的な症状です。

アトピー性皮膚炎には、4つの段階があります。段階によって症状が異なります。自身の症状が今どの段階なのかを知っておくことで、化粧品や薬の効果の有無を判断することができます。第一段階は、肌が乾燥しているが色や状態の目立った変化が無い状態です。同じ場所に継続的な痒みが発生することもあります。アトピーを発症していますが、軽微なため、日常生活に支障がなければスキンケアや生活改善で症状は改善されます。

第2段階は、皮膚の乾燥と共に皮膚が赤みを帯びてきます。乾燥が進んだところは皮膚が荒れたり剥がれたり、白い粉を吹いているような状態になります。第3段階は、皮膚の乾燥と共に赤み、皮膚の剥がれがさらに悪化していきます。ひっかき傷や腫れた部分が固まる場合があります。皮膚のひび割れから汁が出てくることもあります。第4段階は、第3段階の症状がさらに悪化します。治療にはステロイドや免疫抑制剤の飲み薬を用いる場合があります。

アトピーの改善について

Permalink

アトピーとは、主にアトピー性皮膚炎を指し、アレルギー反応に関係する皮膚炎ですアトピー性湿疹と呼ぶ方が適切です。かゆみの強い慢性の湿疹です。多くの場合、気管支喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、または結膜炎といった症状を生じやすい体質をもつ人に生じます。多くは小児期に発症し、成人後症状が軽くなることが多いですが、まれに再発や重症化することもあります。

アトピー性皮膚炎の原因の多くは、ダニや食べ物などの成分がアレルギーの原因物質となり、それらに対する免疫抗体がつくられて、アレルギー性皮膚炎を発症します。小児期では、食物性タンパク質が原因として多くみられます。その他として、ペットのフケや毛、体内や皮膚のカビなどの成分も原因となります。また、アトピー性皮膚炎によって、皮膚の保護機能が低下し、乾燥や汗などの環境に対する刺激に対して皮膚が弱くなり、炎症を起こしやすい状態になります。皮膚が炎症を起こすと、皮膚の表面に細菌が増殖し、さらに症状悪化の原因になります。

主な治療方法としては、皮膚の乾燥を抑制する目的で使用するワセリンや尿素などを含んだ保湿剤を用いて炎症を抑えます。免疫抑制薬の軟膏タクロリムスも処方される場合がありますが、刺激や別の感染症にかかるなどの副作用に気を付ける必要があります。内服薬は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が用いられます。抗炎症作用のある漢方薬が処方される場合もあります。皮膚が乾燥すると強いかゆみを生じる場合があり、冬季などの空気が乾燥する時期は、特に皮膚の保湿を保つように注意が必要です。

【参照サイト】https://www.hadajuntou.com/
アトピーケア化粧品を販売しているみんなの肌潤糖です。